眼瞼下垂の名医がいる眼科

この病気にこの名医

眼瞼下垂名医をお探しの方の中には、ご自身やご家族が手術をすることを考えている場合もあるでしょう。先天性のものについては、重症であれば視力の発達を阻害する恐れもあるため、手術によって治療を行うのが一般的です。

しかし、手術となれば不安もあるため、どのような専門医でもよいというわけにはいかず、眼瞼下垂の名医を探して執刀してもらおうと決意した方も少なくないはずです。もちろん、検査や普段の治療からできるだけ優秀な眼科の専門医に担当してもらうのが好ましいのですが、手術をきっかけにして考え直す方も多いようです。

後天性のもので成人に発症した場合には、重症筋無力症の疑いがあります。この場合には、薬物療法が一般的に行われます。また、眼科手術や脳梗塞の後に表れる場合もあり、このような場合には自然に治ることもあるため、様子を見ることになります。数ヶ月程度の期間が通常ですが、期間についても眼瞼下垂の名医と相談しておきましょう。放っておかれているような疎外感を受けないように、あらかじめ納得しておくことが大切です。

また、複視を併発することもあります。複視とは物が二重に見えることで、眼球を動かす筋肉または神経が同時に異常を起こした場合に生じます。複視がある場合には、検査や診断の段階で眼瞼下垂の名医に報告しておきましょう。

直接的に眼球の病気というわけではなく、主にまぶたを持ち上げる筋肉やそれを動かす動眼神経の以上で起こる病気ですが、疑わしい場合には、まず眼科で検査を受けて起きましょう。先天性と後天性のものがありますので、発症する年齢も様々です。

同じ病気の多くの方を見てきた眼瞼下垂の名医と、未熟な眼科の専門医、どちらに治療を任せたいかは一目瞭然でしょう。しかしながら、どちらも表面的には判別できないところが厄介なところであり、病院選びが必要になる原因なのです。

眼瞼下垂を名医に治療してもらうことによって、完治させましょう。できるだけ評判のよい専門医や病院を見つけることによって、症状の回復にかけることのできる期待は膨らみます。まずは十分な情報を得るところから始めてください。

眼瞼下垂の名医から手術を受けられる病院
患者さんが自ら知識を吸収することは素晴らしいことですが、専門医と共通を見解にする意味でも、できるだけ多くのコミュニケーションを図ることをお勧めします。眼瞼下垂について名医なら十分に説明をしてくれると思いますが、不十分だと感じる点については、遠慮せずに尋ねることで不安を解消することもできます。

脳動脈瘤の名医がいる病院-日本の名医はこの病院に
眼科や脳動脈瘤、膝、循環器、突発性難聴、血液内科、産婦人科、花粉症、眼瞼下垂、精神科、心臓、脊柱管狭窄症、股関節など日本の名医のいる病院の探し方 ... 脳動脈瘤の名医を見つけることによって、破裂によるクモ膜下出血の危険を未然に予防しましょう。 ...

自由が丘クリニック院長 中北信昭
1981年 北里大学医学部卒業. 1981年 北里大学病院形成外科入局 ... 産経新聞平成19年11月21日(水)に眼瞼下垂についての記事が掲載されました。 ... VOGUE 7月号に中北院長が名医が推す名医として紹介されました。 ...

美容外科 - feel部屋:皆様に幸と笑いあれ
... ケミカルピーリング、ボトックス、顎やエラ、頬骨の張りや削り、二重まぶた埋没法、眼瞼下垂、整鼻、小鼻形成、隆鼻、豊胸、乳房縮小術、 ... 名医の美容整形―キレイになった30症例. 技術資料 ... 2008/01/24 15:39:59 眼瞼下垂 ...

教えて!goo[兵庫 眼科]についての検索結果
兵庫県の眼科の名医 ...兵庫県の眼科の名医を教えてください。 ... 眼瞼下垂の手術について ... 網膜剥離の名医を教えて! ...ました。 近所の眼科に行きましたが、どうも、目の中に出血が見られるようで、2 ...

全国名医・病院徹底ガイド
【内容情報】
医師5094人、病院1888紹介。診療科別に必要な情報が満載!どこで検査・治療を受けたらいいかすぐわかる。

【目次】
総合内科/総合外科/消化器内科(内視鏡科含む)/消化器外科/循環器内科/胸部・心臓・血管外科/血液内科・感染症科/内分泌代謝・糖尿病内科/リウマチ・痛風・膠原病科/呼吸器内科/呼吸器・内分泌外科/腎臓内外科/泌尿器科/肛門科/神経内科/脳神経外科/精神科/心療内科/産婦人科/乳腺外科/眼科/小児科/皮膚科/耳鼻咽喉・神経耳科(頭頚科含む)/アレルギー・物療内科/老年病科/整形外科/形成外科/リハビリテーション科/ペインクリニック・麻酔科/東洋医学科/歯科・口腔外科/ホスピス科/放射線科/救急医療科/禁煙外来/睡眠外来

【著者情報】
松井宏夫(マツイヒロオ)
1951年生まれ。中央大学卒業。サンケイ出版『週刊サンケイ』記者を経てフリージャーナリストになる。医療最前線の社会的問題に精力的に取り組み、高い評価を受けている。名医本のパイオニアとしても有名であると共に、わかりやすい医療解説でも定評がある。『ドクターズ・アイ 医者がすすめる専門医』(BS‐i)にレギュラー出演、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』(テレビ朝日)に協力、『ブロードキャスター』(TBS)医療企画担当・出演、『太田英明ナマ朝!』のコーナー『松井宏夫の健康百科』(文化放送)に出演と、テレビ、ラジオ、新聞、週刊誌などで幅広く活躍し、日本医学ジャーナリスト協会幹事を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この病気にこの名医
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。